LCCの誕生により、1990年代後半の航空規制緩和で生まれた新興航空会社が岐路に立たされている。業績が急速に悪化し構造改革を急ぐが、新たなビジネスモデルを構築できなければ、再編の渦にのみ込まれることにもなりかねない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。