FRBの政策金利に関するフォワードガイダンス(時間軸政策)は極めて明確で、首尾一貫してきた。2011年に「13年中頃まで金利を上げない」と暦ベースのガイダンスを導入し、12年には経済指標に直接リンクさせる現在の方式へと移行した。インフレ予測値が2.5%未満にある限り、失業率が6.5%に低下するまでは金利を上げないというものだ。これは導入時点の経済予想に基づけば、暦ベースの時間軸と変わらないものだった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。