型破りのバンカーを主人公とする連続ドラマ『半沢直樹』が高視聴率を上げている。原作は直木賞作家・池井戸潤氏の小説であり、週刊ダイヤモンドで連載中のシリーズ第4作『銀翼のイカロス』も好評だ。ドラマでは、スチール会社社長が粉飾決算の末に計画倒産し、脱税で不正蓄財した上、ハワイに5000万円の別荘を所有しているといった設定であり、これを半沢(銀行)と国税局のどちらが先に差し押さえるかが見ものだった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。