グリーン周りのバンカーは「上からドンとたたく」というセオリーがあります。具体的には、ダウンスウィングでクラブを通常より鋭角に振り下ろし、砂を強くたたいてボールを飛ばす、といった動きです。このセオリーを守ってうまく打てる人は問題ありませんが、大ダフリをしてしまい、ボールが飛ばずに脱出失敗、というミスを多く見かけます。なぜ、セオリー通りに打っても失敗してしまうのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。