メディアのトップが交代する理由は、ジャーナリズムを担っているがゆえに、厳しい社会規範に迫られた果てである場合が多い。しかしながら、のちに振り返ってみれば、経営の大きな転換点にさしかかっていたことがわかる。日本を代表する通信社である一般社団法人共同通信社がさきごろ、定時社員総会とその後との理事会で、新社長に福山正喜氏を選任したこともいずれそのように社史に刻まれるだろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。