5月末、シカゴの新聞社、シカゴ・サンタイムズが28人の正社員フォトグラファーを全員解雇した。その1人で社歴28年のベテラン、57歳のスコット・スチュワートはこう語る。「腹をいきなり足で蹴られた感じ。突然のミーティングが招集され、久しぶりに新しい機材が入るのかと期待して行ったら、ボスが30秒で解雇を言い渡して去っていった。社員証は没収され、俺たちはその瞬間から、ニューズルームに戻ることすら許されなかった」

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。