7月30~31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後に発表された声明は、米国経済拡大の評価を前回と比べて「moderate(適度な)」ペースから「modest(控えめな)」ペースに1段階下げた。結論から言えば、米国の金融緩和策(いわゆるQE3)、すなわち連邦準備制度理事会(FRB)による資産購入額の縮小は「9月開始との見方が少し後退した」(加藤出・東短リサーチ社長)といえる。今年12月開始、という見方が増えてくる可能性がある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。