女性の就業率はこの10年で大きく上がった。15~64歳の女性就業率は1992年には56.9%、2003年には56.8%だったが、12年には60.7%まで上がっている。男性就業率が80%前後で安定しているのと対照的だ。女性就業率の上昇を年齢別に見ると特に伸びが著しいのが25~34歳の就業率で、02年に61.2%であったものが69.1%まで上がっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。