「今から思えば、倒産の3年前にサインが現れていました」 東京都の中堅アパレルメーカーに勤務していた40代女性は、ピーク時には年商100億円を超えていた注目企業が、徐々に傾いていく様子を内側から見ていた。彼女の印象に残っているサインとは、ずばり優秀な人材の流出だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。