書名を見て思わず手が出た(というか、手が飛び出した)。評者も常々この同じ「苦しみ」を誰かと分かち合いたいと思って生きてきたので、何か渇望にも近い気持ちで一気に読んだ。そして身につまされて面白かった。だいたい「蔵書の楽しみ」などと言っていられるのは、よほど本の数が少ない場合であって、ある閾値を超えたらもう、戸惑いと挫折の連続なのだ。「それなら借りて読めばいいでしょう」と見事なことを言う人もいるが、それができないから苦労しているのであって、およそ世の本好きなるものにとって、本とはなぜか買って読むものと決まっており、一度読みかけたが最後、それがいかに「つまらん本」であっても捨てるということだけはできないのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。