相続に伴って不動産を売却するケースは多い。しかし不動産は買い手があってこそ値段がつくものであり、予想よりも安い値段でしか売れないこともある。相続税の納税資金を確保するため、自宅の敷地の一部や隣地を売却するケースは非常に多い。通常、敷地の一部を売る場合、単純に地番で区分けされた部分か、地番が一緒であれば今ある建物の状況に合わせて分筆することが多い。しかし、これでは買い手が満足する地形や面積を確保できないことがある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。