7月下旬、米連邦大陪審がインサイダー取引(insider trading)の疑いでヘッジファンドのSACキャピタル・アドバイザーズを起訴した。SACは年初時点で150億ドル(約1兆5000億円)も運用する巨大金融機関だけに、インサイダー取引としては過去最大級の刑事事件になりそうだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。