ほんの数年前まで、「国税庁のアキレス腱」といわれてきた海外取引。海外取引を監視する手段が、1回当たり100万円を超える金額を海外に送金したり、逆に海外から送金があったりした場合に、金融機関から税務署に送付される法定調書「国外送金等調書」しかなかったからだ。この調書から逃れる手段はいくらでもある。例えば手で持って資金を運んだり、地下銀行を使ったりした送金なら、国税庁は把握できない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。