相続と聞くだけで争い事を想像する人も多いかもしれないが、実は父が亡くなった際に発生する相続(一次相続)ではもめることはそこまで多くない。むしろ、“争族”といわれる争いの多くが、父に続いて母が亡くなった際の「二次相続」で発生している。なぜか。一次相続の場合、母が1人ですべてを相続するケースが数多くある。子ども同士の仲が悪くても「親を悲しませてはいけない」という思いが重しになる。兄弟間で分け合うことができない場合でも、その時点では争いにならないのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。