参院選投開票日が、間近に迫った7月18日午後3時39分。時事通信社に加盟する、ある新聞社の幹部は、時事通信から送られてきた訂正記事に目を疑った。記事の見出しは「消費増税、慎重な対応を―浜田内閣官房参与」(太字は本誌編集部)――。さかのぼること4日前。14日深夜に配信された訂正の元となった記事は「消費増税、容認姿勢へ―浜田内閣官房参与」と完全に“真逆”の見出しだったのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。