2000年代後半に総額で約1兆5000億円ものM&Aを立て続けに行ったキリンホールディングス(HD)。買収した海外事業と苦戦が続く国内事業の再建が喫緊の課題となっている。今年新長期経営計画をスタートさせた三宅占二社長に、キリングループの向かう先を聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。