三井物産の飯島彰己社長(62歳)が任期5年目に突入し、にわかに次期社長レースが騒がれ始めた。先頭を走るのは、経営企画などを統括する木下雅之専務(59歳)。飯島社長と金属資源本部時代からの上司・部下の関係にあり、まさに社長の「右腕」といえる人物だ。人事総務を管掌した雑賀大介専務(58歳)、プロジェクト本部などを統括する安部慎太郎専務(60歳)の名前も挙がる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。