「日本の高校生に自分の将来を考える機会を提供したい」米ハーバード大学に留学中の小林亮介さんらがそんな思いを抱いて3年前に設立したのが、「ボーダーを超えるリベラルアーツ」の実現を目指すH-LABだ。高校生を対象としたサマースクールは今年で3回目を迎え、8月中旬に東京と長野県の小布施で開催される。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。