特捜検察に対する批判の嵐が吹き荒れ、完全に牙を抜かれたとも言われる昨今。それでも、権限の強大さや取り扱う事件の中身、社会やマスコミの関心度の高さ、情報網の大きさや情報量の豊富さ、メンバーの顔ぶれなどを見る限り、なお東京地検特捜部が日本最強の捜査機関であるとの事実は動かない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。