センチメンタルな感情がないと言えば、うそになる。製薬大手各社が発酵研究から手を引いている中で、むしろ、発酵研究を残すことはチャンスなのかもしれない。発酵研究から新薬が生まれるチャンスがゼロになったとも思わない。しかし、今後、限りある資源をどのように生かすかを考えると、発酵研究よりも他の領域に配分しようと合理的に考えて割り切った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。