海外ビジネス拡大の最前線に立つ海外派遣者。そのタイプごとに区分を設ける試みが欧米やアジア企業で始まっている。特徴的なのは、かつて最も多かった通常の長期派遣(ビジネス目的での2~5年の海外派遣)が減少し、コストの観点から、12カ月前後の短期派遣や、もともと駐在員だった外国人の現地採用という形態へのシフトを想定している企業が多いことだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。