「マーケットが荒れると、いつもわれわれのせいにされる」。日本株に投資するヘッジファンド首脳はうんざり顔だ。相場の攪乱要因として語られることの多いヘッジファンド。しかし一方で、「相場の安定要因でもある」(同首脳)。なぜか。彼らは市場の歪みに投資するため、非効率な市場を解消している側面があるのだ。空売りは市場に流動性を供給しているともいえる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。