米ビッグスリーの本拠地として栄えたデトロイト市が負債総額180億ドル(約1兆8000億円)で破綻し、日本でも話題になっている。だが、日本ではほとんど伝えられていない話もある。同市の元職員や元警察官ら退職者に払う年金額の計算方法に深刻な誤りがあったというのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。