少子高齢化と人口減少が継続する日本は、いや応なしに国土利用や社会構造を変革してゆく必要がある。都市は都市なりに、農村は農村なりに、創意工夫しながら、その特性を生かしつつ、新しい街づくりや村づくりを積み上げてゆく必要がある。超高層ビルが林立する東京貸ビル市場も例外ではない。日本の労働力が減少を続ける社会構造のなかで、いかにして魅力ある都市空間を実現し、人々を蝟集させることができるのか真剣に考えなければならない。それも国際的な視野を有することが肝要だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。