国土交通省の事務次官人事が遅れている。例年、7月1日前後に発令されるが、いまだに決まっていない。背景には、7月21日に参議院選挙が控えていることがある。自公連立政権で、ここしばらく国土交通大臣は公明党のポストとして定着している。太田昭宏・国土交通大臣は、現内閣で唯一の公明党大臣だ。次官人事は21日の参院選後、組閣で公明党のポストが確定した後になるとみられている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。