インベーダー世代とファミコン世代のはざまに位置します。最もはまったのは1983年登場のシューティングゲーム「ゼビウス」。以前のゲームと違って敵の出現パターンが変わるシステム、それにフラッグ、ソルといった隠れキャラにも夢中になったものです。開発チームを率いた遠藤雅信氏によれば、ゼビウスは当時、大作の隙間を埋めるB級作品と位置づけられ、「上司には好き勝手に作っていいよ」と言われていたといいます。社内評価は「面白いという人と駄目だという人と真っ二つ」「隠れキャラなどはむちゃくちゃ怒られた」とのこと。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。