ちょうど1年前の今ごろ、首相の安倍晋三を囲んで懇談する機会があった。当時、安倍は首相経験者とはいえ国会議員の1人にすぎなかった。まだ自民党総裁選に立候補することすら迷っていた。それから約1カ月後に総裁選への立候補を決め、逆転で総裁に返り咲いた。その後の展開は周知の通り。野党自民党の総裁から首相の座へ。そして安倍が「親の敵」と繰り返していた参院選で悲願を達成、衆参ねじれ解消が現実のものとなった。まさしく一瀉千里──。安倍の独り舞台の1年といっていい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。