ゲームを作るのってすごく難しいんです。人を育てるのもそうですし、作品の品質を測るにも、人によってその基準はまちまちです。成功の方程式なんてありません。そもそも開発力は任天堂と比べたら天と地との差があります。ただ、絶対に自分が面白いものを作って世に出しているという自負があります。もともと、私は社長をやりたくて会社をつくったわけではありません。ゲームを作りたくて会社を設立したのです。そのため、自分のわがままを通せばいいと考えています。「オレが基準」ということで、そこには絶対に口出しさせません。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。