ちょっと足踏み状態にあるとはいえ“アベノミクス”の盛り上がりに乗る株式や不動産投資関連の著作が堅調です。最近は、若い人や女性が不動産投資の本を購入しているのが目立ち、中でも人気なのが、『めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った 恐る恐るの不動産投資』。本書は、新刊ではありませんが、株やFX投資で失敗した人気ブロガーが不動産投資(賃貸マンション経営)に挑んだ悪戦苦闘を漫画と文章で紹介した“実録物語”が受けている理由のよう。100万円の格安中古マンションを発掘したものの、トラブルが続出。著者はいかに解決したか。それにしても賃貸経営が、こんなにトラブルが多いのには驚きです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。