億万長者の米投資家カール・アイカーン氏が8月中旬、ツイッターを通じて米アップル株の「大量取得」を明らかにした。その週(8月12~16日)だけで同社株は11%上昇、時価総額にして4兆円以上も膨らんだ。アイカーン氏にはいろいろな枕詞がつくが、最も一般的なのはactivist investorだ。日本語としてはそのまま「アクティビスト投資家」と訳されることも多いが、「物言う株主」と置き換えても大筋では間違いではない。上場企業の株式を大量取得して大株主として経営改革を働きかける点で同じだからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。