足場が不安定になり、スウィングバランスが崩れやすくなる傾斜地は、アドレス時に重心を少し下げて、下半身をどっしりさせることがコツです。ただし、「どっしり=下半身を固める」わけではないので注意が必要です。下半身を固めてしまうと、フットワークを含めた下半身の動きがまったくなくなるため、完全な手打ちのスウィングになります。その結果、当てようとすればするほど体とクラブの同調性が崩れるので、ダフリやトップ、スライスなどあらゆるミスを招いてしまうのです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。