気仙沼港の目の前にある「福よし」。ロケーション故、魚の旨さは言うまでもないが、特筆すべきは焼き魚だ。串を打ち、囲炉裏に立て、じわりじわりと時間をかけて焼き上げる魚は、秋刀魚なら、その皮目に箸を乗せただけでも只者ではないとわかる。余計な脂は落ちて、ほわほわと旨いところだけ残った身や形のいい肝は、定番の焼き魚とは別格の代物だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。