霧は一層深く、腐臭さえ漂わせている。霧と言うよりは闇と言うべきか。粉飾決算が疑われ、6月27日に民事再生法の適用を申請したインデックスの闇である。その闇にあえて足を踏み入れるには、上場企業の名をいくつか挙げなければならない。セーラー万年筆、コネクトホールディングス、ワールドロジ、ECI、NowLording、プリンシパル・コーポレーション……。これらの銘柄の共通点をすんなり答えられる人は、よほどの株式相場通か、さもなくば投機家だろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。