鉄道会社を取材していると、時間の流れの違いを感じます。こちらは今日起きたニュースを追う仕事。片や鉄道事業者の計画は、10~20年スパンで組み立てられています。新線の開設や都市開発は、かかる歳月も長ければ、投入されるおカネも数千億円単位と莫大です。渋谷の開発、リニア中央新幹線、そして羽田、成田両空港とつながる都心直結線構想。いずれも完成まで10年以上を要するものばかり。今は現実感がありませんが、完成すれば、ライフスタイルを劇的に変える可能性を秘めています。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。