今回は、評判とは違う3本。難破して家族全員を失ったインド人少年が、太平洋を漂うボートに1人。ところがこのボートに巨大なベンガルトラが1匹いる。「トラと漂流した227日」と副題がついた『ライフ・オブ・パイ』。手に汗握るスリル……と言いたいところだが、感心するのは全編にわたっての幻想的で美しい〈寓意性〉だ。すぐ思い出すのは〈ノアの方舟(はこぶね)〉だが、それより少し前に日本でも大ブレークした〈かもめのジョナサン〉に似ている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。