欧州の債務問題については、「市場対国家」という枠組みが強調され過ぎている。ユーロ圏主要国の国債格下げ直後の新聞報道を見てみよう。「市場の不安はふくらんでいる」「市場は不信感を強める」「秩序なきデフォルトの影に市場はおびえる」と、なにかにつけて「市場」が登場する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。