鉄道写真といえば大きな機材を持って移動し熟練の技が必要、と考えてしまいがちだ。しかし、人気鉄道写真家の中井精也さんが提案するのが、散歩がてら情緒ある鉄道写真を撮る「ゆる鉄」だ。最近は軽く小さくとも本格的な撮影ができるデジタルカメラが増えた。下町の雰囲気漂う都電荒川線を被写体にして極意を聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。