川崎重工業が三井造船との経営統合をめぐって事実と異なる発表をしたことで、6月中旬に東京証券取引所から注意された。統合に向けた交渉の事実があったにもかかわらず「ない」と言ってきたのだから、明らかにうそをついていたわけだ。なのに、単に東証が注意する(The Tokyo Stock Exchange issued a warning)だけで終わってしまうのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。