JR秋葉原駅に程近い神田川に架かる万世橋。実は、戦中の1943年まで、すぐ横にその名を用いた万世橋という駅が存在していた。JR中央線の快速電車が通過する駅跡地は、美しい赤レンガの高架橋で支えられている。実はまもなく、この“幻の駅”のホームがよみがえろうとしている。もちろん古い時代の短いホームのままなので、駅として現役復帰するわけではない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。