昨年10月、創建当初の姿に復原された東京駅。1914年開業とあって、何げなく通っている場所にも、多くの見どころが存在する。世界的にも珍しいのは、中央に皇室専用の乗降口を設けたこと。海外では、王室専用駅を造るか、駅の端に専用乗降口を設けるのが通例だ。実は中央に乗降口を設ける提案をしたのは、設計者の辰野金吾ではなく、ドイツ人技術者のフランツ・バルツァーとされている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。