どうにも盛り上がらない第23回参議院選挙が7月4日に公示された。このままでは投票率が50%を割り込む懸念もある。盛り上がりを欠く最大の理由は圧倒的な支持率を維持する与党自民党に対して中小野党が7党も乱立しているからだ。しかも、強力な選挙協力体制が組めないまま本番に突入した。とりわけ勝敗を分ける31ある定数1の選挙区選挙で、自民党好調の流れが止まらない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。