「成長戦略である『第3の矢』が確実に成功するかどうか、7月の選挙を注意深く見ている」(米保険大手プルデンシャル・ファイナンシャル) 「デフレから脱しそうだが、日本株見通しは『中立』にとどめる。労働市場の柔軟化を求めたい」(英大手銀行バークレイズ) 最近、米ウォール街の金融機関が開催するアナリスト説明会では、必ず日本経済が紹介される。中でも、安倍政権が打ち出したアベノミクスの「第3の矢」である成長戦略は注目の的だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。