1966年、米連邦民事訴訟法23条が改正され、クラスアクションにオプトアウト方式が導入された。この方式は、離脱するという意思表示をしない限り、原告の一員となることを意味する。この改正によって消費者保護が強化された半面、原告の数が膨大になった米国では、損害賠償額が巨額化、企業が負担するコストが増大したことは本文で触れた通りだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。