「30年前、40年前の日本を思い出してみてください。それが今、この国で起こっているんですよ!」 ある地方都市のセミナー会場で、講師が熱弁を振るっている。聞き入る来場者たちは、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」のようなシーンが頭に浮かび上がり、その後の日本の経済発展に思いをはせる。このセミナーのテーマは、ランドバンキング。未開発の更地を購入して一定期間保有し、開発が進んで地価が上昇した段階で売却することで、利益を得る投資手法だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。