日本の自動車メーカーにとって、ASEANの重要性が増している。圧倒的なシェアを誇る販売市場としてだけでなく、周辺諸国への輸出も担う生産拠点としての戦略的役割が大きくなっているのだ。現地視察などを通して、日本メーカーが直面するASEAN市場の現状から死角、今後の課題まで考察する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。