首相の安倍晋三にとって待ちに待った参議院選挙がいよいよ7月4日に公示される。その参院選の前哨戦と位置づけられた東京都議会議員選挙で自民、公明の両党は完勝した。「全員当選」は公明党のお家芸ともいえるが、自民党にとっては初めての経験だった。この完勝の意味は極めて大きい。過去の都議選と、その直後の国政選挙の結果には明確な相関関係があるからだ。都議選の流れがそのまま国政選挙に引き継がれる──。これが“鉄板”と表現できる経験則だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。