日系企業では、海外駐在員に対して海外勤務へのインセンティブを支給するのが一般的である。海外の企業でも以前はそうだった。しかし、2012年にグローバルで行った調査では、50%を超える企業が「インセンティブを支給していない」と回答している。北米の企業では57%に上っている。これは海外勤務が特別ではなくなっていることの表れといえる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。