太陽光モジュールのダンピング問題をめぐり、中国と欧州連合(EU)の対立がエスカレートする様相を見せており、貿易戦争の勃発を懸念する声も出始めた。EUは中国からの太陽光モジュールについて「ダンピングの疑いが濃い」として、6月6日に11.8%の制裁関税の適用を開始。これは一種の「警告」であり、EUは今後2カ月間に中国側が妥協しない場合には、税率を47.6%に引き上げる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。