カルロス・ゴーン会長兼社長が来日したのは13年前のこと。強力なリーダーシップで日産自動車を再建へと導いた。だが、ここにきて日産が踊り場を迎えている。ゴーン社長は再び成長軌道へ導くことができるだろうか。中国・日本市場の失速、エコカー戦略の修正、マネジメント問題──3つの視点で検証した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。