思いを他人に伝える力についての著作が相次いでいます。論理の構成の仕方など、日常で使うにはちょっとトレーニングが必要な本が多いのですが、『仕事に必要なのは、「話し方」より「答え方」』は違います。本書は、指示を出す上司の「話し方」と、質問に答える部下の「答え方」では同じ言葉でもまるで使い方が違うと言います。その上で、間違ってはいないが相手に伝わらないのはなぜなのかを、1見開き1テーマの例題で徹底的に検討します。「言葉ってこう使うんだ」と直感的で、説教くさくなく、納得の連続です。「なぜ2番ではいけないのですか」。これに皆さんはなんと答えるでしょうか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。